パパ活の具体的な活動内容は「おしゃべり」がメインって本当?

パパ活は余裕のある紳士が行う活動

パパ活は、受け取る報酬額にもよりますが時給換算すると普通のアルバイトを行うよりも効率よく稼ぐことが可能です。

コンビニのレジ打ち、飲食店での接客などのアルバイトと比較すると驚く程に高い報酬を受け取ることができます。女性によってはパパ活で受け取った報酬を時給換算すると「時給2万円だった」という方もいます。

ただしパパ活は報酬を受けることばかりが醍醐味ではありません。

「パパ活」や「P活」というワードが広まるにつれて「男性から高い報酬を貰うことがパパ活」と思われています。しかしパパ活は、普段の生活では触れ合うことができない触手の男性と知り合う大きな機会にもなります。

自分のためになるような人脈や勉強になる話、知識や教養に繋がる出会いを作ることができるのもパパ活の醍醐味です。

普通に知ることができない世界、富裕層の社会、お金に関する話など聞くだけで自分を成長させることができる話題に触れることができます。同世代の女性よりもパパ活を行ったことで、大きく成長させることができたという人もいます。

パパ活は素晴らしい人に出会うことができるチャンスなのです。

パパ活は「会話」がメインの活動

基本的にパパ活では、男性と会話を楽しむことが主となっています。

男性側も女性には「話を聞いて欲しい」「楽しい話がしたい」と考えて関係を求めています。奥さんや恋人がいる男性でもパパ活を行っている方がいますが、そういった方も全員が会話目的です。

大切なことは会話です。

美味しい食事やお酒、ドリンクを飲みながら明るく楽しい話ができれば最高です。

最高の時間のために男性たちは、報酬を用意するのです。

間違えても下心のある援助交際のような関係とは同じにしてはいけません。援助交際の場合、求められることは「会話」ではなく「体」です。

性的な関係がある援助交際は、パパ活のようなメリットはありません。

もちろん体の関係を含めた交際となれば、コスパも悪くなります。

セックスがある=時間が必要になります。時間はお金で買うことができません。セックスを含めた交際となれば、時給換算すると普通のアルバイトをした方が稼げる可能性もあります。

援助交際とパパ活を同じ類とすることは、よくありません。

またパパ活をする男性たちは「人との交流」を好む傾向にあります。人との繋がりを大切にする、付き合いを大事にする。そういった男性が多いのです。人間関係を大切にする男性は、ビジネスのことを常に考えています。このような男性たちからは、素晴らしい話を聞くこともできるでしょう。

自分の経験や価値になる話を聞くためにも素晴らしいパパに出会うことが大切なのです。

おしゃべり好きのパパはサラリーマンが多い?

サラリーマンと聞くと「お金がなさそう」「ケチな貧乏が多い」などの悪いイメージが定着しがちです。

しかしサラリーマンは、月給取り男性という意味。スーツを着てビジネスをする男性たちのことを一括りにした言葉です。

証券会社や大手企業で勤務する人もサラリーマン。もちろん役職があり年収2000万円の方もサラリーマン。お金に余裕がある男性もサラリーマンである可能性が多いのです。

世間的に「サラリーマンよりも経営者の方がお金持ちが多そう」というイメージがあります。

経営者もピンキリ。毎月ギリギリの収入でやりくりをしている経営者もいれば、赤字続きの経営者もいます。一概に「経営者」だからといってお金持ちというわけではないのです。

大切なのは、どの職種でも本当にパパ活をする余裕がある所得の人なのかということです。

そのため「サラリーマンだから」と嫌うことは絶対にダメ。

サラリーマンと自称する方の中にはおしゃべりが好きで、パパ活に相応しい男性も多数います。

職種だけで見分けることはせずに、必ずその人のことを知った上で男性を選ぶようにしましょう。

お仕事探しのお手伝いいたします!!

★働きたい業種
★稼ぎたい金額
★働く条件など

なんでも気軽にご相談ください!!
条件にあったお仕事を紹介します。