メンズエステとキャバクラを比較

メンズエステとキャバクラが比較

お仕事の難易度を比較がよくされる「キャバクラ」と「メンズエステ」。職種的には全く異なる2つの職業ですが、給与は同じくらいの金額からスタートすることが多いです。そのため比較をされることが多いようです。

しかし仕事内容的には稼げるポイント異なります。働くにあたってメリット・デメリット、稼ぎ方もかなり違います。そこで2つの職業を比較してみたいと思います。

キャバクラ

【勤務地】日本全国繁華街であればどこにでもある
【給与】時給、歩合
【罰金】ノルマ、罰金あり
【仕事内容】お客さんとお酒を楽しむ

【メリット】
・お酒を飲むことが好きだと楽しく働ける
・いろいろな話を聞くことができる
・ドレスやヘアメイクでお姫様気分になれる
・頑張った分、歩合として戻ってくる

【デメリット】
・お酒が飲めなければ稼ぐことが難しい
・同伴や指名のノルマが厳しい
・休みの日も営業をしなければいけない
・可愛くなければ稼げない
・話ができなければ稼げない
・ヌーブラなど初期費用が必要

メンズエステ

【勤務地】日本全国どこにでもある
【給与】こなした人数分の給与、歩合
【罰金】なし
【仕事内容】マッサージをする

【メリット】
・お客さんと話をしないでも稼げる
・自分でお客さんを呼ばなくてもよい
・頑張った分、歩合として戻ってくる
・初期費用などが一切かからない
・マッサージやアロマに詳しくなる

【デメリット】
・施術をするので疲れる場合がある
・鼠径部の施術がある
・風俗ではないのに風俗と間違われる
・お客さんと1対1で接客をしなければいけない

以上のようにキャバクラにもメンズエステにも、メリット・デメリットがあります。働き方が自由で給与が高い2つの職業ですが、それぞれ仕事はしなければいけません。

欲を言えば両方のお仕事を掛け持ちすることが一番です。しかし掛け持ちは想像よりも疲れるものです。自分が働けると思える職種に挑戦をすることをおすすめします。

キャバクラよりもメンズエステに来店する人の方が増えている!?

実は近年、キャバクラよりもメンズエステの方が来客数が増えているといわれています。

理由はお客さんが払う最低金額(基本料金)が同じくらいの金額なのに対して、キャバクラよりもメンズエステの方が疲れが取れるからといわれています。

不景気が続き、長時間労働や仕事量増加。給与は安くなるが仕事は大変になる時代だからこそ、お酒でストレスを発散させるよりも肉体的疲労をエステで癒したい男性が増えているようです。

女性と接しながら会話をすることもできるメンズエステは働く男性たちにとっては、一石二鳥。だからこそ今はメンズエステの重要が高くなっているようです。

そのためメンズエステの方が若干ではありますが、キャバクラよりも稼げるといわれています。特に水商売経験がない子や内気で人と会話をすることが苦手な人、人見知りがひどい人には気楽に働くことができる仕事とされています。

キャバクラで働くか、メンズエステで働くか悩んでいる時には、メンズエステで働くことをおすすめします。

お仕事探しのお手伝いいたします!!

★働きたい業種
★稼ぎたい金額
★働く条件など

なんでも気軽にご相談ください!!
条件にあったお仕事を紹介します。