メンズエステは病気にならない!?

メンズエステは絶対に病気にならない

メンズエステは風俗ではありません。基本的に下記の行為は禁止事項とされています。

・セラピストに男性側から触れる行為
・セラピストが受身になる行為
・キス、抱きしめるなどの行為
・下半身へのタッチ
・抜き、本番強要

こちらの行為が発覚した場合、すぐに強制退出・厳重注意となります。

こうした厳しいルールがあるため、健全メンズエステ店で働いている限り、絶対に病気になる心配はありません。

もちろんセラピスト側もお客さんの下半身に触れたり、見たりすることもありません。お仕事中に性的接触は絶対にありえません。

また最近風俗業界では「梅毒」が流行しています。

梅毒とは、性病。黴毒、瘡毒とも呼ばれている病気です。

梅毒はトレポネーマという種類の菌が粘膜や傷口から入り込んで感染します。体中に赤い斑点のようなブツブツとしたできものができます。湿疹などと勘違いをする方もいますが、痛みやかゆみはほとんどなく、傷跡が残ってしまったりします。また梅毒が原因で心臓血管、大動脈などさまざまな体に病気として症状が起こります。

温泉などで梅毒患者と入浴をすることで感染することもありますが、多くの感染経路が性行為です。最近はキスだけでも梅毒に感染するとニュースで報じられていました。

風俗店のように見ず知らずの人と性行為をする場所では、梅毒が多く流行しており、小さな社会現象を起こしています。こういった病にかからないことも、メンズエステのメリットです。

そのため病気になる心配もないのです。

メンズエステは身体的問題があるお客さんは来る?

メンズエステの店舗によって、客層が異なるため一概には断言できません。しかし当サイトで紹介しているメンズエステは下記の問題あるお客さんの入店は禁止となっています。

感染症の疑いがある病気

エイズ・淋病・B型肝炎・クラミジアなど、様々な病気の可能性があるお客さんは入店禁止です。

例え性的行為がない健全店でも、同じベットの上で施術を受けます。そのため安全面や清潔面の徹底を重要視し、感染病のお客さんは入店を拒否しています。

アトピー・皮膚病

肌がただれてしまったり、赤らみを持っているお客さんは入店ができません。理由はアロマや施術により肌状態がより悪くなってしまうからです。

病気とは少々異なりますが、皮膚トラブルがあるお客さんは基本的に入店しないと思っておきましょう。

部分的、軽度のアトピーのお客さんは極まれに入店許可が下りています。そのようなお客さんを接客する場合は、必ずスタッフからの説明があります。説明を受けたうえで接客をするため、どうしても難しい場合は断ることが可能です。

またアトピー・皮膚病のお客さんの中には、アロマの施術が難しい方もいらっしゃいます。そういった方でアロマをつけた際に痛みを感じるお客さんには、タオル施術をするようにあらかじめ説明をしましょう。

問題のあるお客さんは入店禁止

基本的にメンズエステは、問題のあるお客さんの入店は禁止となっています。刺青、暴力団関係者など反社会的組織に加入している人も同様で入店が禁じられています。

いわゆる「輩客」と呼ばれる人たちの入店もないため、安全性の高い男性が遊びに来る場所となっています。

セラピストが安心して働くことができる環境を一番に考えて、運営している店舗が大半です。

セラピストとして働く場合は、危険性のあるお客さんとの関わりはほとんどないと思っても問題ありません。

お仕事探しのお手伝いいたします!!

★働きたい業種
★稼ぎたい金額
★働く条件など

なんでも気軽にご相談ください!!
条件にあったお仕事を紹介します。