【女性向け】ヘルス3種類を徹底調査!デリヘルと箱ヘルの違いについて

本番なし風俗「ヘルス」とは?

本番行為(セックス、挿入行為)がない風俗「ヘルス」。このヘルスとは、簡単に説明をすると手や口を使って男性を射精をさせる仕事です。スマタやマンズリといわれる、挿入はしないが男性器に女性器を擦り合わせる行為を行う店舗もあります。

一概に「ヘルス」といっても、店舗のコンセプトやタイプによっても、大きくサービス内容は異なります。ソフト風俗の類とされるピンクサロ(ピンサロ)やオナニークラブ(オナクラ)は、女性コンパニオンへのお触りは原則禁止の店舗が多いです。また手や口を使った行為が基本となるため、性器を使うことはありません。

しかしデリヘルや箱ヘルと呼ばれる類のヘルス風俗の場合は、性器を使うことやお触りがほとんどのお店で必須条件となります。そこで、デリヘル、箱ヘルの違いについて紹介をします。

ヘルスの種類

いろいろな種類が存在数する「ヘルス」ですが、具体的にはどういったものがあるのか。ヘルスの基本となる3種類の運営方法について紹介をします。

デリヘルとは?

デリヘルとは、デリバリーヘルスの略語。

「デリバリー(配達する)ヘルス」という意味。女性コンパニオンが男性客の依頼する場所に行く仕組みとなっています。ホテルや男性客の自宅で、接客をする必要があります。

無店舗型のお店がほとんどで、女性コンパニオンは事務所に出勤をします。事務所までは自分で歩いて向かう場合もあれば、指定場所から送迎をしてくれることもあります。店舗によっても出勤方法は異なりますので必ず確認をしてみましょう。

女性コンパニオンは接客をするまで、自宅や事務所、待機用の部屋(個室・女性コンパニオンが複数いる待機室で集団待機)、ネットカフェ待機で仕事を待機します。待機場所や待機方法については、店舗によっても大きく異なるため、面接時に待機については、店舗スタッフより必ず説明があります。地方などへ出稼ぎをする場合は、ホテル個室が待機場所になることも多く、ひとりの時間を有意義に過ごしながら仕事を待つこともできます。Wi-Fi完備、完全個室、フリードリンクなど待機待遇は店舗によって異なるので、事前に確認をしてみましょう。

男性客の依頼場所までは、店舗のドライバーが送迎をしてくれます。近隣での依頼の場合は、徒歩で行く可能性もありますが、基本は車での移動になります。お仕事の前後に、必ず送り迎えが来るとイメージをしておいて問題ありません。極まれに送迎ドライバーがいない風俗店があります。ドライバーの有無については、必ず面接時に説明があるものですが、不安な場合は必ず確認を取りましょう。

またデリヘルは、お客さんは女性コンパニオンとどのくらいの時間を一緒にするかを決めた上で予約をします。予約時間によって、女性コンパニオンへの給与が変わります。基本的にデリヘルは、接客をした時間=給料です。オプションや延長などで稼ぐことも可能ですが、基本は予約時間が稼ぎの軸になります。お気に入りの女性コンパニオンを見つけたお客さんは、指名をして長時間予約をしてくれます。そういったお客さんを多数手に入れることができれば、稼ぎもアップします。

デリヘルは、お客さんからの代金を女性コンパニオンが直接貰うことがほとんどです。代金を貰ったあとでお仕事開始となります。

 

ファッションヘルス・箱ヘルとは?

ファッションヘルス・箱ヘルとは、店舗型のヘルスです。

部屋にはシャワールーム、ベットのみが置かれており、そこで接客をします。店舗型の風俗店のため、働いているお店に直接出勤する流れとなっています。働いているお店へ直接出勤だからといって、送迎がないことはありません。ほとんどのお店が送迎を用意しているので、面接時にそのことについても確認をしてみましょう。

ファッションヘルス・箱ヘルは、個室待機や集団待機が基本です。勤務場所が決まっているため、デリヘルのようにどこかに行くこともないので待機場所があらかじめ定まっています。回転率が良いので待機時間が少ない店舗がほとんどですが、友達同士で働いている場合などは、待機中におしゃべりができることもメリットです。

またマジックミラーやカメラ、覗き穴でお客さんを事前確認することができます。スタッフ側が本番行為の強要やトラブルなどを未然に防いでくれることはもちろん、知り合いなどが来店した際には、接客を断ることも可能です。お客さんを選ぶことができるのは、ファッションヘルス・箱ヘルの最大のメリットです。

給与に関しては、デリヘルと同じで接客をした時間=給料です。しかしファッションヘルス・箱ヘルの場合、短時間で回転率をあげている店舗がほとんどです。そのため本数を稼いで給与をアップする女性コンパニオンがほとんどです。またファッションヘルス・箱ヘルにはマットプレイを用意しているお店があります。マットプレイとは、ソープなどで行われるマットを使い、男性客と体を絡ませるサービスです。こういったプレイがある店舗は、オプションを多く用意しています。そのためオプションで稼ぐ女性コンパニオンも多いです。

ファッションヘルス・箱ヘルは、事前に会計を男性は済ませたうえで部屋に訪れるため、女性コンパニオンが会計をする必要はありません。接客のみをする流れとなっているので、シンプルな仕事ではあります。

ホテヘルとは?

繁華街やホテル街に受付がある店舗型の風俗店です。

お客さんが受付を済ませたら一緒にホテルへ向かう、もしくは先にホテルへ入室しているお客さんの元へ追って女性コンパニオンが行くサービスです。事務所・店舗へ直接出勤となりますが、送迎があるお店がほとんどです。事務所や店舗を構える場所柄、女性がひとりでは歩きにくい場所がほとんどのため、常に送迎ドライバーを用意している店舗も多く、デリヘル同様、送迎完備は充実しているお店がほとんどです。店舗によっては、送迎がない場合も極まれにあるので、こちらも必ず面接時に確認をするようにしましょう。

接客場所はラブホテルなどのホテルが基本です。基本の給与は、60分の接客に対してのバック料金、オプション料金、延長料金、指名料金が主な女性コンパニオンの取り分です。デリヘルやファッションヘルス・箱ヘル同様、気に入った女性コンパニオンがいる男性は、何度も店舗に通い指名をしてくれます。

待機場所については、ファッションヘルス・箱ヘル同様、個室待機・集団待機が多いです。店舗によっては繁華街にお店を構えているため、ネットカフェ待機を推薦している店舗もあるようです。これも店舗によって、待機方法が大きく異なるため、必ず事前確認をするようにしましょう。

またホテヘルは、基本料金は前払いで店舗にお客さんが支払いを済ませますが、追加オプションや延長があった場合は、女性コンパニオンに男性客が支払いをします

ヘルスは店舗コンセプトが重要

ヘルスの営業方法は、上記で説明をした3種類が基本となっています。これらの運営方法のどれかを選択した上で、店舗は自分のお店のイロを出すために「コンセプト」を決めます。

風俗店にとって「コンセプト」は必要不可欠。非常に重要なものとなっています。このコンセプト次第で、客足の伸びが決まります。コンセプト次第では、リピート率が高くなったり、新規客の入りが増えたりします。

コンセプトとは「M性感(SM)」「素人」「熟女」「JK・JD(学生)」「イメクラ」「デブ専」など、お店の設定です。

お店の設定によっては、女性コンパニオンの働ける年齢層や容姿の基準も大きく異なります。また給与面や保証(※待機中に発生する給与)も大きな差があります。女性側も必ず店舗のコンセプトを理解したうえで、面接を受けることをおすすめします。

自分の経歴、年齢、容姿、特徴などを理解した上で店舗を選別することで、相性が良いコンセプトの店舗であれば、普通のお店で働くよりも給料が倍以上になることもよくあります。必ず自分のことを考えて、お店を選ぶようにしましょう。

スカウト業者などの紹介業を経由してお店を選ぶ場合には、しっかりと自分のセールスポイントを相手に伝えるようにしましょう。自分のことを伝えることで、紹介業者もマッチングするお店を紹介してくれます。風俗店で働く場合、精神的にも肉体的にも辛い部分が現れることもあります。それをカバーすることができる、満足のいく給料を得るためにも、必ず自分にあったお店を選べることが重要です。

お仕事探しのお手伝いいたします!!

★働きたい業種
★稼ぎたい金額
★働く条件など

なんでも気軽にご相談ください!!
条件にあったお仕事を紹介します。