ギャラ飲みに参加する方法や注意事項

最近話題のギャラ飲みを徹底解明

テレビ番組で特集が組まれたり、ツイッターやインスタグラムなどのSNSでも話題のギャラ飲み。都内を中心に平日や土日問わず365日行われているという飲み会。

・女性なら誰でも参加ができる
・お金が貰えて無料で飲食ができる
・タクシー代やお小遣いがもらえる
・短時間で数万円を稼ぐことができる

多数のメリットがあることから参加希望をする女性の数が増加しているそうです。

しかし不明点や謎が多いことも事実です。

・密室は危険ではない?
・本当に報酬はもらえる?
・友達同士での参加は可能?
・どうやったら参加ができる?

など、不明点や不安なことも多いことは事実です。

そこで今回は「ギャラ飲み」について詳しく紹介をします。

ギャラ飲みとは?

そもそもギャラ飲みとは一体どのようなものなのでしょうか。

ギャラ飲みは、食事会や飲み会、誕生日会などの会合を行う男性側が有償で女性を招待するものです。

食事代や飲み代などは全て男性が負担。別途タクシー代や参加費用(報酬)を渡すことが基本です。

女性側は一切お金を出さずに参加をすることができます。

時間はどのくらいかかる?解散時間は?

基本的にギャラ飲みに招待された場合、参加女性は「1店舗のみ参加」となります。ギャラ飲み会社やアプリを経由する場合は、案件によっては「時間」が定められており、その時間内のみ参加をする形となっています。

報酬も参加する予定の会合分以外は、支払われません。

そのため、二次会に誘われた場合や「朝まで付き合って」と言われた時は断っても問題ありません。

ただし個人的に二次会以降の参加を交渉をされることは、よくあります。「報酬を支払うから来て欲しい」、「仲介会社やギャラ飲みアプリを経由しないで直接報酬を渡す」などと言う人もいます。そういった場合には、柔軟な対応を取ることも問題はありません。もちろんギャラ飲みアプリや会社、仲介人に報告をする必要もありません。

しかし大半の人が報酬を支払わずに二次会参加を強要しようとします。延長制度があるギャラ飲みアプリを使っていた場合でも「一旦解散」ということにして、支払いをしない人がほとんどです。

純粋に「楽しい」と感じた場合は参加をしても問題ありません。「難しい」と感じてしまったら、無理に参加をする必要はないため、お断りをしましょう。

またギャラ飲み開催時間は、案件によっても大きく差があるため、一概に言うことはできません。開始時間が遅いギャラ飲みは、深夜0時を超えてからはじまることもあります。もちろん早い時間帯から始まる場合は、終電よりも前に帰ることも可能です。全て案件によって時間は、異なります。

参加希望をする案件を決める際には、必ず「開催時間」を見たうえでおおよその「解散時間」を確認するようにしましょう。また「時間制」のギャラ飲みは、自分で解散時間を確認することもポイントです。

延長料金が発生するギャラ飲みもあれば、発生しないものもあります。必ず自分で見極めることが大切です。

ギャラ飲みの利用者男性はどんな人?

主催者、幹事などの男性が女性を手配することが多いです。

・合コンで女性が足りない
・プロの女性ではなく素人の女性と話がしたい
・プライベートな感じの女性と話がしたい
・接待で女性が必要
・男だらけの飲み会に花が欲しい

など、さまざまな理由で女性を手配します。もちろん中には「出会いがないから」という理由で、手配をする人もいます。出会いを求めるためにギャラ飲みをしている人は、女性を口説くために手配をしています。そういった方がいることも理解をしたうえでギャラ飲みへは参加をしましょう。

また「お金持ちの男性が利用をすることが多い」と話題になっていますが、そのようなこととは限りません。

ギャラ飲みアプリなどの誰でも利用できるものは、比較的安価で女性を手配することができます。男性の人数が多く手配した女性の人数が少なければ、割り勘で食事代込みで数千円程度で開催をすることも可能です。安いお店で会合を開始することも可能です。大衆居酒屋や格安チェーン店でギャラ飲みを開催する人も少なくは、ありません。

パパ活などと並行してギャラ飲みを行っている女性の中には「お金持ちと知り合いたい」「社会的地位がある人と食事がしたい」「パパを探している」という人もいます。そういったタイプの女性を狙って「お金持ちを偽っている」という男性も居ます。万が一のことも考えて、十分に注意をする必要があります。

そしてギャラ飲みを利用する男性の年齢層は、20代後半から60代までが多いといわれています。

交際倶楽部やスカウト業者、仲介人が主催するギャラ飲みの場合、高所得の男性も多いため年齢層が高いです。ギャラ飲みアプリは、全年齢と言っても間違いではないです。若い人もいれば、中年層からお年寄りまで多数います。参加をする案件によって、年齢層が大きく異なることを覚えておきましょう。

ギャラ飲みの報酬・支払い方法

ギャラ飲みアプリの場合

アプリ名 時間 報酬
LION(ライオン) 1時間 3120円
Pato(パト) 1時間 5000円

公式で公表されている報酬です。しかし実際にクチコミやにちゃんねる(5ちゃんねる)掲示板を見てみると…

LION(ライオン)の評判
・報酬の支払いをされなかった
・全然振込されない
・催促をしてやっと振り込まれたが手数料分で報酬は合計3000円だけだった

Pato(パト)の評判
・ポイントが貯まらないと換金できない
・振り込まれない
・手数料などが引かれて稼いだ金額より安い報酬になった

「悪い評判」ばかりが上がっています。ギャラ飲みアプリを使う場合には十分に注意が必要です。

また交際倶楽部や仲介人を経てギャラ飲みを行った場合は、手渡しや開催翌日に銀行振込が多いようです。

報酬金額は案件によっても異なりますが最低でも5,000円~10,000円が平均。

業界の人間なども多いため、1度の参加で報酬額が10万円を超えることもあります。ただし暗黙の了解で「お持ち帰り」が条件になっていることも多いようなので、要注意が必要。

高額のギャラ飲みへ参加をする場合は、紹介をしてくれる人に詳細を必ず確認した上で参加をしましょう。

怖い思いをする可能性は?

ギャラ飲みは基本的に飲食店や会員制のサロン(カラオケ)などで行われます。店員さんのいるお店であっても個室で行われるため、初対面の男性と密室空間で時間を一緒に過ごさなければいけません。

男性たちと飲食を共にすることが目的の会合ですが案件によっては「お持ち帰り必須」や「乱交必須」のギャラ飲みもあります。お酒が入り、お触りを必要以上にする男性も現れます。

特に男性たちは女性にお金を払い、会合に参加してもらっているため、金銭を理由に触る人もいます。触られたことに対して指摘をすると怒る男性もいます。

もちろん全ての依頼者男性がこういったタイプの方ではありません。

体の関係やお触りなどは一切せずにマナーを守った、飲食を共にすることを目的にギャラ飲みを利用する方もいます。

ギャラ飲みへの参加を考えた時に安全を守るためにも大切なのが、会合への紹介者がどういった人なのかを見極めることです。

残念ながらアプリを経由してギャラ飲みを行った場合、レイプなどの犯罪行為に巻き込まれてしまっても、紹介者であるアプリ運営側は一切責任を持ってくれません。警察も対応してくれない場合が多く、泣き寝入りする可能性が高くなります。

トラブルに巻き込まれないためにも、必ず紹介者がどこまで安全を考慮してくれるのか。また具体的な相手の説明や性行為に発展する可能性の有無などを必ず確認しましょう。これらに対応をしてくれる紹介者であれば、安全性の高いギャラ飲みとなる可能性が高いです。

また事前にトラブルを回避するためにも、自分の身は自分で守るように心がけることも大切です。

お酒を飲む量を控える、あまり触られないように心がけるなど、小さなことでも積み重ねれば結果として自分自身を護衛することができます。自分の安全を守るためにも、最善を尽くしましょう。

友達同士で参加は可能?

基本的にギャラ飲みは、友達同士での参加が可能です。紹介者がデートクラブやスカウトの場合は、容姿審査などがあるため、友達を参加させることができない可能性もあります。

またギャラ飲みへ参加する男性の大半が「美人や可愛い女性と飲食したい」と思い、お金を払っています。「素人女性と飲みたい」と言っている男性もブスや清潔感のない子とは飲みたがらないものです。

そのため同行する予定の友達の容姿レベルによっては、ギャラ飲み参加自体を断られてしまう可能性があることも考慮しておきましょう。

そして友達同士でギャラ飲みへ参加する場合は、どちらかが良い思いをする可能性があることも覚えておきましょう。よくギャラ飲み後に友達同士で、参加した会合について話し合うことがあります。その際に下記のようなことを話し合って、友人関係がギクシャクする方もいます。

・呼ばれた方の子だけがチップを弾んでもらった
・芸能人と友達だけが連絡先交換ができた
・友達はモテはやされていたのに自分は何もなかった
・報酬額が友達よりも自分の方が多い

どうしても男女の関係を期待する場所のため、こういった差が現れてしまいます。友達同士でギャラ飲みへ参加を希望する場合は、必ず参加後に問題が起こる可能性も考慮しておきましょう。もちろん必ずしも、起こる問題ではありませんが、万が一を考えておくことが重要です。

お酒が飲めなくても参加はできる?

ギャラ飲みは、お酒が苦手な方や法律的に飲酒が禁じられている年齢の方でも参加は可能です。

しかしお酒が飲めない方は、男性側から好まれない傾向にあります。ずば抜けた容姿の女性やしゃべりが上手で楽しませることが得意な方は、お酒が飲めなくても問題ないかもしれません。ただし、そういった方は本当にひと握りです。

またお酒が苦手な方は、案件が回ってこない可能性もあります。極まれに飲酒ができない女性が優遇される案件もあります。もちろんお酒が苦手な方でも自分のペースで飲むことができる案件もあります。

ただしほとんどの案件が「お酒が飲めることが当たり前」の案件です。お酒が飲めないからといって、無理に飲む必要はありません。ですが、ギャラ飲みはお酒が必要な案件がほとんどです。これは必ず覚えておきましょう。

ギャラ飲みは「楽しく参加する」が前提

ギャラ飲みは以前は一般人は参加することができなかった会合です。

グラビアアイドル、AV女優、モデルなどのタレント活動や芸能活動をしていた女性たちが副業のバイトとしてギャラ飲みを行っていました。

しかし今では一般的にも知られる機会が多く、ギャラ飲みを真似た行為を行う男女が増えていることが現状です。そのためギャラ飲みに参加することができる機会は、昔と比較すると驚く程に増えています。

ギャラ飲みへ参加する機会があった場合、必ず紹介をしてくれた人がどういった方なのかを確認すること。自分の身は自分で守ることなどを覚悟しましょう。そして楽しんで参加をしましょう。

報酬が払われるアルバイトのような感覚の会合ですが、ギャラ飲みを行う男性たちは「女性と一緒に楽しむ事」を目的にしています。必ず楽しく行えるように心がけましょう。

お仕事探しのお手伝いいたします!!

★働きたい業種
★稼ぎたい金額
★働く条件など

なんでも気軽にご相談ください!!
条件にあったお仕事を紹介します。